あらためまして。 利府町のヘアメイクLINKです。

今日は、良いシャンプーと悪いシャンプーの
見分け方についてお伝えします。

世の中、ノンシリコンシャンプーブームですが、
ノンシリコンシャンプーってホントにいいの?
という質問にお答えします。

シリコンは、髪に艶を与え、
指通りや手触りを良くするメリットがありますが、

毛穴にシリコンが詰まって、かゆみや抜け毛などの原因になったり、
髪を強力にコートするため、トリートメントなどいくら使っても
髪に栄養が入りにくくなり、

結果的に、ダメージヘアがいつまでも改善されない
原因の一つです。

しかも、シリコンは泡を消してしまう性質があるため、
強い界面活性剤が必要。
とすると、刺激や脱脂力が強くなるという悪循環に。

この観点からも、ノンシリコンシャンプーの中でも
特にオススメしたいシャンプーは、
アミノ酸系洗浄剤です。

その代表的成分は、「ココイル~」「コカミド〜(ヤシ油脂肪酸)」
「ミリスチン酸」など。
低刺激で洗い上がりも柔らかで、カラーの色持ちも良く
環境にも優しいです。

それと比較して、「ラウリル硫酸Na 」「ラウレス硫酸Na」などの
シリコンシャンプーに配合される成分は、
強刺激で肌への残存性が心配され、
パサツキやギシギシ、ゴワゴワになりやすいですので
要注意です‼︎

お買い求めの際、シャンプーの裏側に成分が表記されてますので、
ぜひ、チェックしてみて下さい。
ですので、シャンプー選びって、かなり重要です‼︎
たかが、髪の毛なんて思ってたら、あなどれません。
頭皮も顔の皮膚も1枚皮でつながってますので。

お化粧品を選ぶのと同じように
シャンプーの選択も
とっても大切だということですね(^^)